住宅を購入する際には生命保険のことも考える?

住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
住宅ローンを長年組んでいると、多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

がん保険・先進医療保険は必要?判断の仕方【加入すべき?】