退職の原因が労働時間の長さである場合には?

退職の原因が労働時間の長さである場合には「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」と記載すると受ける感じは悪くはないでしょう。
否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じさせるられるようになります。
履歴書記載の注意は、150文字から200文字で書くのが理想です。
派遣活動は今している仕事をこなしながら行い、派遣で働く先が決まってから辞めるのが理想です。
退職後の方が自由に時間を使うことができますし、すぐにでも働き始めることができますが、派遣で働く先がなかなか決定しない可能性もありえます。
無職である期間が半年以上になると就職先が見つけにくくなりますから勢いで今現在の仕事を退職しないようにしましょう。
就業時間が長すぎるという理由で辞めた場合は辞めた理由に仕事のやりがいのなさをあげる場合は「新しい環境でひとつひとつ実績を積み重ねていきたい」などと言葉を選ぶとイメージが悪くなりません。
積極性をもった受け答えになります。
履歴書に書くことを考えると、だいたい150〜200文字ぐらいが良いでしょう。